貴船神社 鞍馬寺(標高569m)の下見に、元気いっぱいの
野瀬さんと増井さんを誘って行ってきました。京都地方は降雨量は0mmとの
予報でしたが鞍馬寺ではすこし雨。暑いので手に雨をかけたりしま
した。
 1月の山楽会にという目論見で、昼食は写真にあるような貴船の
茶屋で鮎茶漬けを試食、そのあと鞍馬寺の裏から表に出るコースを
探索したのでした。しかし寺の人が言うことに、1月は雪が積もるので
危ないとのこと、あえなく1月プランは消滅しました。4月以降が
いいようです。 観光的価値はまことに素晴らしいです。境内で
弁当は食べてもいいそうです。
 学生時代京都だった野瀬さんは、出町柳駅から帰阪するのに、
始発駅のここから乗車すると全員座れるから夕宴はこの付近で
探そうと提案されました。 眠眠にて試食。 えび天、鶏の唐揚げ、
餃子、やきそばがそれぞれ美味しかったです。とくに柔らかい
やきそばを増井さんと私は絶賛。中ジョッキ2杯を増井、岩壷が、
野瀬さんは一杯。しかし彼の名調子で語り出したら止まらない
雰囲気は井狩さんに迫るなと感心したのでした。
 それから彼のすばらしい才能に感心したのは下見の資料です。
表装、内容、体裁、ともに学生のレポート、卒論などをはるかに
越える、キャリアー人の作った冊子でした。ネットなどのテクノロジー
排除主義の彼は図書館にて資料を集めたのでした。
 そこで次回は野瀬さんの様々なノウハウを活用してもらうべく和歌山の
大川峠、淡島神社に9/23祭日、下見に行くことになりました。
忘年会的山楽会をめざしております。
                               岩壷。