師走とは思えぬほどの暖かさ 紀州加太紀行

 10日、山楽会のメンバー今回は、野瀬さんのナビゲートにより、
岩崎、永楽、河村、児玉、田所、樋口、吉村、岩壷の9名で行ってきました。
 加太も早朝は雨だったようですが、一行が降り立ったときには暖かい
日差しの日本晴れ。 初参加の田所さんは先月はからずも一人で六甲行きの
バスに乗られ頂上で山楽会一行に出会うだろうというつもりだったそうですが、
日にち違いということがあったのでした。今回はこの大らかさがが十分に発揮
され楽しんでおられました。
 児玉さんが参加されました。年内に復帰されたことはまことにうれしいかぎりで、
居酒屋ではお祝いの乾杯もしたのでした。歩く姿を動画に撮らせてもらって
おります。完璧な左右脚のバランス!と感心したのでした。
 峠に登る途中の道はきれいな海岸線で、磯の香りが漂い、暑いくらいの
日差しのなかご機嫌さんで日頃の運動不足の解消に努めたのでした。
 半島の上にある加太休暇村の食堂で名物のしらす丼や天丼などをとり
久しぶりのテーブルでの昼ご飯でした。 5時すこし前に和歌山市駅に
もどり、白木屋に。 岩崎さんと樋口さんはビールを飲みたいのだけど
今日は帰らなければいけないとのことで残念ながら夕宴をパスされたのでした。
                                                                            岩壷 記