2010.4.14(水) 大阪の南端、岬町にある飯盛山に登ってきました。 武平さんのナビゲートで、
参加者は前列:吉村、山田、樋口、 後列:平野、榎本、永楽、武平、岩壷の各氏で、
南海本線孝子駅下車、高仙寺、高野山(タカノヤマ)、藤戸山、飯盛山、大曲山を経てみさき公園まで
新緑のきれいな山また山、登ったり下ったり、何度も休憩しながら5時間ほどをかけての行程でした。
頂上からは紺碧の海と淡路島を鮮明に望むことができました。

吉村氏のお便り:  昨日は天候にも恵まれ、飯盛山山頂からは大阪湾と共に多奈川発電所、
大阪ゴルフ場、みさき公園が展望できすばらしいところでした。
山そのものは少し厳しかったものの、山つつじや散桜が綺麗でしたね。

武平氏のお便り: 榎本氏の感化で一句捻ってしまいました。
「軽口につられて膝も高々に」−飯盛山
頂上では、60年近くの歳月が一気に蘇ってくるような感慨に耽っておりました。 
高仙寺
淡路島が見える。
昼ご飯前に三脚をたてて記念撮影。 思い切り眺望のきくポイントで大喜びしました。
この下に高速道路を作るそうです。
やっと降りてきた。。。
岸和田駅で途中下車、王将の二階は貸し切り状態でした。 
たっぷり時間をかけて飲み、食い、しゃべりまくった。。。
「同期の女子では誰が美人だった?」というよく出てくるテーマがまた提起され、Y氏からMさんの
名前がでたのでした。
とりあえずセットメニューをとり、あと追加注文しました。 この店はうまくないという声もありましたが、
筆者はそうでもないと思いながら食い飲みまくったところ、登山性腰痛が消えておりました。
                                                   岩壷 記