金剛山登山 10.2.17(水)

 今日は七期会山楽会の皆さんで「金剛雪中登山」に行ってきました。
 河内長野駅に14名のお友達が集まりました。東京から夜行バスで小川さんも参加です。
9時57分発のバスは満員です。 

画像

 今年の登山は例年と違って「健脚組」と「お楽しみ組」に分かれたということなんです。
山田さんをリーダーとする健脚6名《武平、岩壷、永楽、小川、山田、樋口(土居)》は「金剛登山口」で
降り、しいたけセンターから千早本道でなく「カトラ谷コース」をとりました。このコースは
距離が長い上、岩場もあり少し危険なところがあります。老婆心ながら「むりちゃう?」と
思われる人(^-^)も混じっています。
 
画像

写真は登山口バス停で降りた山田さんたち・・・。
私たちお楽しみ隊《井狩、野瀬、河村、村元、岩崎(棚橋)、楠野(木下)、加龍(太田)》は
ロープウェイで香楠荘経由、頂上に向かいます。どういう訳か(密かな理由があるのですが)
榎本さんは富田林から金剛バスで早目に着き、府営駐車場前から歩いて行くと携帯電話に
かけてきました。 バスから降りる前から「カード入れ」がない・・・紛失したのかもしれない・・・
とポケットやポシェット、
カバンをひっくり返して探している七期会の人がいます。
「よく探してみ」「いくら探してもないの」
「どんな色?」「薄いピンク色」
「ビザカードなんか入っていた?」「入れてなかった」
「何が入っていたん?」「南海株主招待パスとスルット関西・・・」
「運転手に届けときや」「南海の本社に届けときや」みんな心配顔。

 
画像
 
そうこうしている間にロープウェイ駅につきまして11時発に乗ることが出来ました。

画像
 
終点に近づきますと霧氷が見えてきました。ラッキー・・・(^∇^)ノ

画像
 
雪を踏みしめ、最初の目的地「星と自然のミュージアム」に着きました。河村さんが
榎本さんに電話しています。。

画像

「今どこ?」どうやら近くまで来ているらしいです。
私は「迎えに行って来るわ」とミュージアムを飛び出しまして少し下っていきました。

 
画像
 
道を間違いやすい三叉路で待つことにしました。でも、いくら待っても来ません。
仕方なく皆が待っている香楠荘に行きました。みんなは食事を注文したところで私も
カツ丼定食を食べる事にしました。でも榎本さんはまだ来ません。電話しても出ないのです。
転落しているかも・・・
と心配になり食事が喉を通らないかと思いましたが、結構楽しく食べていますと・・・

画像
  
画像

やってきました榎本さん。水洟を垂らしながら 


画像

「葛木神社まで行ってしまってん」「この香楠荘で昼食を食べるちゅーとったやろ」
案内のメールにもちゃんと書いてあったのに・・・。「読解力不足、注意散漫や、プンプン」と私。
まぁ、転落もしていなくてよかった、、。それから昼食を我々より遅れて食べ始めました。
「香楠荘〜葛木神社までの往復距離、、余計に歩いてしまったわ」とブツブツ。。
「体にいい運動をよけいしたと思ったらいいやんか」と私は慰めてあげました。

「山田班が待っている国見城址茶屋へ出発・・・」

画像
 
画像
 
約40分ほど歩きますと樹氷がいっぱいのスポットに着きました。


画像
毎年、ここで記念写真を撮ります。。葛木神社と転法輪寺近くに来ますと少し坂の勾配が
きつくなって滑りやすくなりました。
ここで「アイゼン装着」です。

画像

 
画像

 茶屋を覗きますと班長はすっかり出来上がっています。
「遅いやないかい」「岩壷さん、大丈夫やった?」みんなはコップ酒と缶ビールとおでんなどで
昼食をとったらしいです。
「とにかく国見城址に行って来るわ」

画像

 
画像
 
とにかくいろんな事がありましたが頂上征服です。\(~o~)/
2班合同の記念写真を撮ってから、また二つに分かれて行動します。健脚班は
もう少し葛木神社の方にいってくると出かけました。私たちは下山です。途中、休憩を
2回しました。雪が無くなったところでアイゼンを外します。

画像
 
画像

 丁度しいたけセンターに下りてきたところで健脚班に追いつかれました。
「ここでコーヒーを飲みましょう。1時間以上時間が余りましたからね。」
井狩さんと楠野さんはここでお別れ。1時間早いバスで帰宅です。
「なんで早く帰るねん?」と聞きますとどうやら井狩さんは『あしたゴルフやねん』と。

画像

 しいたけセンターでコーヒーを飲みます。山田班長は別の店で日本酒を飲むそうです。。
16時50分発のバスで河内長野駅へ。。
「魚民」に車中から予約をいれ、17時130分、念願の乾杯をするのでした。

 
画像
 
画像

 お開きは19時半。。。 

画像

 この店の前で解散、、とはなかなかいかず「あっ、手袋を忘れた」
「アッ、メガネ忘れた」とみんなの未来を予測できる健忘ぶりでした。
「小川さん、また来年な」「よしっ、、それより今日のメンバーを関東・高尾山へ
招待するわ」「よしっ、、小川式の夜行バスで行こう、、エイエイオー」さあ、、
どうなることやら。。