標高1038メートル 三重県津市曽爾(そに)村にある室生火山群の主峰に
            登ってきました。 山田さんの車に載せてもらって曽爾高原に到着、
            ここから時々激しい吹雪きに見舞われながらの登山でした。
参加者は左から、山田、樋口、平野(山田さんの友人)、竹平、岩壷。
眼下は雄大。 これから先険しい岩場があるとは思えなかった。
強風下でもしっかり枝に付着して成長する霧氷です。
岩だらけの急斜面がいやというほど続いておりました。
降りてから山田さんがコーヒーを沸かしてくれました。 冷えた身体を暖めてくれる記憶に残る
コーヒーでした。                                     岩壷 記