天王山行きはすでに2度雨で中止していたのですが、3度目は晴れでした。
今回通常組と健脚組に分かれ、前者は山崎駅から天王山を経てキャンプ場近くの
楊谷寺柳谷観音へ、後者健脚組はぽんぽん山、釈迦岳を経て楊谷寺にて合流しました。
参加者、前者は加龍、児玉、吉村、岩壷、後者は武平、樋口、山田の各氏でした。
4時すぎに阪急長岡天神駅付近、王将で乾杯。長岡の王将は味と値段good。

7名 左から岩壷、児玉、山田、樋口、加龍、武平、吉村の各氏


ここ天王山を訪れるひとへの大山崎町の観光への配慮はたいしたもので、
石碑や掲示板はすばらしく、展望を助けるために複数箇所樹木を切り取ってありました。
このインターチェンジの上が東、明智軍、 西が秀吉軍で対峙した。
池や沼が多かった。
from Wikipedia
本能寺の変は  知将と謳われた光秀にしてはあまりに稚拙とする意見も多い。
本能寺の変の際、前田玄以や織田長益(有楽斎)らが三法師(織田秀信)を保護して
京都から逃亡するのを許したこともその例である。

辞世 西教寺にある
「順逆無二門 大道徹心源 五十五年夢 覚来帰一元」
(順逆二門に無し 大道心源に徹す 五十五年の夢 覚め来れば 一元に帰す)『明智軍記』
「心しらぬ人は何とも言はばいへ身をも惜まじ名をも惜まじ」


楊谷寺柳谷観音
先に4名が楊谷寺に到着しました。 健脚組3名に電話をかけまくるが通じません。
相手側も電話をかけまくったがかからなかったというケイタイの限界を体験したのでした。 
      30分後 めでたく合流できました。

JR線高槻駅からの各停電車内で  応援団のよう。
Good morning.   Where are you from?
   Uruguay.
Nice guys and ladies.
   Thank you.

ウルガイは南アメリカ大陸で二番目に面積が小さい国であり、首都はモンテビデオ
チリに続いてラテンアメリカで二番目に生活水準が安定している国であり、
政治、労働の状態においては大陸で最高度の自由を保つ という。。。