金剛山・春の山野草花をたずねて
      2012.5.8
 参加者9名 岩壷、武平、樋口、鍵田、榎本、平野、吉村、加龍、山田の各氏
金剛山の春の花探し  平成24・5・8(火)
南海高野線 河内長野バス停 発    9:57
ロープウェイ前バス停 着       10:40 伏見峠への林道を登る
細尾谷に入る            11:05 あまり急でない谷川沿いの道
細尾谷から枝谷に入る        12:27
ロープウェイからの道に出る
 (転法輪寺まで800m)        12:41
転法輪寺・国見城址 着(昼食)発 12:58-13:40 カトラ谷下る
花畑                 13:55-14:02 
水飲み場(登りの休憩所)       14:17
黒栂(くろとが)谷に出る 15:10 谷の出口工事中で傾斜の急な斜面を歩かされる。途中樋口さんが交渉して現場を通れた。
千早登山口バス停           15:35-15:53
河内長野駅前・乾杯      16:25-18:25 
   ここから沢登り・・・
    ニリンソウよ。
               サンリンソウてあるの?
                                       加龍さんの翌日の手記です。

 おはようございます。

  昨日は又良い天気に恵まれ、一日穏やかに新緑の日を浴び、素晴らしい金剛山でした。
 雪と霧氷の冬の金剛山には毎年連れって頂き楽しませていただきましたが、新緑の金剛山
 も好いだろうなと思いました。

  美しい水の流れる澤伝いに水の音を聞きながらゆっくりと登りました。
 山際に咲き誇るたくさんの小さな山野草を愛でてはカメラにパチリパチリと収めてついつい
 遅れがちに なりました。         
 
  予定より一時間近く遅れ、おなかペコペコで山頂の広場に到着、美しい八重桜の下で
 お弁当を 広げました。美味しかった、美味しかった。

  いよいよ午後はニリンソウの群落を求めて急な山道を少し下ったところに、 有りました、
 ありました。  すっごく広がったニリンソウの群落、なんとも美しい。今最盛期であたり一面
 真っ白でした。
  ほんとうによい時期を 選んでくださったと予定を立てて下さった武平さんに厚く御礼申し
 上げます。 こんなにぴったりの時期にこれるの は難しいですものね。金剛山はやっぱり
 素晴らしい。

  下りはロープウエイ組みとあるき組に分かれました。嬉しかった勢いで澤伝いに急な山道を
 かなりロープを 手繰りながらこわごわ降りました。怖いけれど楽しい初めての冒険でした。
 其処であるき組の皆さんの心使い 優しさを一杯に頂き、とっても嬉しかったです。
    まことにほっとしました。
  榎本氏は知り合いの婦人に邂逅さる。
 昼食後、健脚組は急峻な坂を下り、ニリンソウの群生する所を経て下山、
 一方武平氏(リーダー)、榎本氏(夕方用事があるため車できた)、岩壷(足首不安)は
 ロープウエーで下山、榎本氏の車でバス停の登山口まで送ってもらった。
 いままで武平氏は言及されていなかったが、なんと4百回以上組に入っておられたのです。
                       撮影ミス↓ もうしわけりません。
 長年の山田氏の友人の茶店のおかみさん・登山家でもある。
   河内長野駅についた。 ほな王将にいきましょか・・・