小川誠二郎さんを偲んで
         2014 8 13

小川さんは2008年山楽会の金剛登山に初参加。
夜行バスで来阪し、河内長野駅の集合場所に直行されました。
登山後、夜は都ホテルと称された親友の都さん宅に宿泊されたのでした。
山楽会の金剛登山に初参加されたときの小川さんの紀行文

俳句の小川さんでは
「金剛俳句 気付き事項」には皆さん熱くなったりガツンと打たれたりでした。

中野さんより、
「8月13日私たち句会の総師であり、金剛俳句会の名付けの親でもありました
小川 誠二郎 様が逝去されました。痛恨の極みです。
今後とも師の意思をついで、可能な限り本会を継続していきたいものです。」

数十年ぶりに永楽さんに会ったと殊のほか喜んでおられました。

このアイゼンには皆びっくり・・・

武平さんと天国で出会っておられるでしょうね。


足場のわるいところでヘルプする山田さん。

2011年5月10日成田発から6月30日成田着まで50日間、主にスペインに旅行し、
そのうち、5月12日から6月14日までの34日間、サンチアーゴ・デ・コンポステーラの
巡礼の道を、相棒二人と三人で歩いて来られた・・・・・・

     奥様も参加されました。

2013年5月20日発、6月11日帰宅までの間、一人で車で千葉県の我家から鹿児島県まで
もっぱら一般道を走って往復して来ました。会社時代の仲間12人が集合して遊ぶ会を
毎年やっているのですが、今年は熊本県の阿蘇で5月28,29,30日にやることになったので、
それに前後の旅行をくっつけて行って来たのです。
車は三菱パジェロ23年目の18万キロ走ったディーゼルエンジンの奴で、運転席の後ろを平らにして、
合板で真っ平らにして、キャンプ用のエアマットを敷き、寝袋で寝るようにして、道の駅や
コンビニの駐車場で車中泊の態勢でした・・・・ とのこと。


      山楽会・Main menuに戻る