山楽会 楽々ハイキング(2017.1.31.)
                               Photographs by Miyako

多くの参加者が楽しめる年齢に相応しいハイキングの紹介です。

                             Introduction by Yamada
 昨年12月の山行きが中止になったままで、イラついて来たので連絡しやすいメンバーで歩いてきました。
  とは言っても、年も明けたところだし、歳も歳、近くの山で楽なところ、しかもいくらか自尊心も満足させられるところと、
カッコウをつけて選んだ山は・・・・・・ 富田林市の最高峰 a 金胎寺山 296m と その北方1.5kmにそびえる?
第2の高さのb 嶽山 278m 。
 aは bの 願昭寺への分かれ道から南へ15分先の登山口から40分の行程
 bは 近鉄長野線 汐ノ宮駅から歩いて20分にある願昭寺から、山道を25分の「城山オレンジ園」の標識。
 と立派な案内板。

 実際に歩いてみると
a イノシシ除けの鉄のフェンスを閉めて中に入ると、そこからは完全な山道、路は迷う心配はないけれども細いし急だ。
  竹藪の中を行くから道の真ん中に根っこが横に通っているし、切り株の残りで足を引っ掛けそうになる。
  登りきるのに1時間ほどかかった。が頂上からの展望は 二上山から葛城山・金剛から大阪府の南の端の四つ石山から
  岬公園方まで望める。こんなに見える場所は他にはない。下りももちろん急で足元も覚束ないが、20分と少しで下りた。
b 続いて嶽山に向かった。願昭寺のすぐ下に車を置いて寺の入り口の横の登山口から登り始める。
坂は急だが道は悪くない。
  所々「オレンジ園まで〇〇分」の立札が励ましている。小学生の遠足が多いようだ。園に近づくと道は平らになり、
童謡や  少し古い流行歌が流れている。ミカン畑の中に食堂や休憩所がある。しかし休みで空いていない。
嶽山への道も探したが 判らずじまいだった。
  「ここまでのコースなら参加者は増えるかも知れんな」と話しながら、寺まで下った。

 

その1:富田林金胎寺山

 

 

 

 

山の中腹からの眺望

 

 

 

中腹で一服

 

 

 

頂上での記念写真

 

 

 

 

その2:城山オレンジ園

願昭寺横の小道から登山開始。 頂上まで約300m。

 

 

スギ林を抜けて頂上へ

 

 

城山オレンジ園

 

 

オレンジ園にはレストランがあります。 本日は休業。

 

帰りは願昭寺の中の沢山の鳥居を通り下山しました。