古墳めぐりとささやかな忘年会

古墳巡りをいつものメンバーで行って来ました。サークルK10時に待ち合わせして井狩さんの車で藤井寺の「津堂城山古墳」に着きました。 

 

画像

 ここは藤井寺市の北にあり今は公園化して市民の憩いのスペースとなっています。4世紀後半の古墳で古市古墳群では最初期に造られた約208mの古墳です。このあたりの古墳群では応神天皇陵に次ぐ大きさです。 

 

画像

 「前方部」の場所に立っていまして「後円部」の方を写しました。 

 

画像

 この古墳は昭和33年に陵墓参考地として史跡に指定されましたが、それまでは、中世では「城」として使われ《地名として城山としてその名が残されている》、後の時代には開墾されて宅地になったり田畑になったりしています。今は公園化して「菖蒲園」や「菜の花畑」として市民に親しまれています。 「まほらしろやま」という市のガイダンス棟という施設がありましたので入ってみました。ここには温かいお茶を用意してくれてあり無料で飲めます。また、便所も完備され、古墳に関する説明パネルも掲げてあります。 

 

画像

 

画像

 出土した白鳥の埴輪やこんな埴輪のレプリカも置いてあります。 

 

画像

 後円部にある神社、「津堂八幡神社」にもお参りしました。 

 

画像

 次は「允恭天皇陵」へ行きました。 

 

画像

 濠は空堀です。 

 

画像

 この後、「伴林氏神社」にも行きました。この神社は「大伴氏」の氏神だといいます。 
さて、お昼になりました。次はどこに行こうか車の中で相談です。今年最後の「七期古代史研究所」ですので天皇家始祖の「橿原神宮」に行き、そこで昼ご飯にしました。以前行った「橿原観光ホテル」のレストラン「ミランドオル」で食べることにしたのです。今年最後ですのでちょっぴり豪華に・・・・雰囲気のいいホテルで。。。何を食べたかといいますと、、榎本さんはいつものように一人だけ違う食事、、ピラフ。私たち3人は右へならえ、の主体性のない同じものを食べました。(^-^) 『黒米カレー』です。もちもちっとした食感でプチプチとした歯ごたえ、古代米の黒米です。 

 

画像

 

画像

 このあと、橿原神宮に参拝しました。来年の干支の「卯」ウサギの絵の絵馬の前で記念写真を。。 

 

画像

 

画像

 この橿原の地には初代神武天皇から9代までの天皇の陵墓があります。「欠史八代」といわれる天皇の陵墓のうち「綏靖」「安寧」「懿徳」「孝昭」「孝安」「孝霊」「孝元」「開化」が橿原の近くにあり幾つかに行くことにしました。
橿原神宮の裏に回りました。大きな池、神饌のための田などを横に見て・・・ 

 

画像

  第四代の「懿徳陵」へ。。 

 

画像

  第三代「安寧陵」 

 

画像

 次は「畝火山口神社」へ。。 

 

画像

 この畝火山口神社にはこんな面白いものがありました。「陰陽石」です。男女和合のシンボル。 

 

画像

 この神社に参り帰ることにしました。車の置いてある観光ホテルまでショートカットの山道を選びました。あと、「神武天皇陵」とその近くの「綏靖天皇陵」に寄る事にしました。 

 

画像

 さすが初代天皇の「畝傍陵」です。 

 

画像

 大きさも、鳥居も今までの御陵とは随分違います。 「綏靖陵」です。  

 

画像

 国道号線のバイパスから高速に入ります。。高速から見た日没です。右が葛城山、左が金剛山です。 

 

画像

 一般道路の竹内街道を横に見てあっという間に羽曳野市へ、それから太子町のいつものレストランに行くことになりました。今年の締めくくりですから『忘年会』と言うことでビールで乾杯もすることになりました。o(^^o) ホーホー 

 

画像

 飲酒運転になりますので井狩運転手は「ノンアルコールビール」。。私と榎本さんは「中瓶ビール」、河村さんは「リンゴジュース」。。 4人はスパゲッティをとりました。4人で3種類のスパゲッティ。。パンとサラダ付きです。  

 

画像

 榎本さんのチョイス  

 

画像

 私と河村さんのチョイス(^-^) 

 

画像

 井狩さんのチョイス・・ 

 

画像

 店に入ったのが午後430分。ご機嫌で店を出たのが、、、午後6時過ぎ。。トップリと日は暮れていました。井狩さんが私の家、、河村さんの家、最後は榎本さんの家に送り届けていただき宝塚に帰られました。皆さん、、、ありがとう。井狩さん、お疲れ様でした。それに山芋を井狩さんからお土産を頂きました。重ね重ねありがとうーーー。m(__)m  



今日の走行距離
【午前中の巻】
走行距離と徒歩の距離・・・37km

 
【午後の巻】
私の家までの距離・・・32km
 




画像

 

画像




画像