天理市の古墳めぐり      2010/07/30

7日以来の古墳めぐりです。多くの古墳をめぐろうとしますと機動力としての自動車は
欠かせません。いつも井狩さんの3ナンバー車で行っていますが、今日は狭い道が
多そうなので私の軽四輪も出動です。いつものように井狩さんが榎本さんと河村さんを
ピックアップして南阪奈高速で、私は竹内街道を使って「天理市トレイルセンター」に
9時30分の合流ということに。 暑いことなので早い時間に集合です。
画像
 

このトレイルセンターという"山の辺の道の情報センター"の駐車場に井狩さんの
母艦を置いておき小回りのきく軽四(水雷艇)で回るのです。私の軽四は4人を乗せて
「念仏寺」の駐車場へ。ここが一番古墳群に近いのです。その中で井狩さんが
一番に行きたかったという「衾田陵」 (継体天皇の皇后・手白香皇女陵)に
向かって歩き出しました。
画像

途中、大和神社(オオヤマトジンジャ)の摂社大和雅宮神社や柿本人麻呂の歌碑が
ありました。特に大和神社の御旅所、大和雅宮神社は以前、七期会・山楽会で
お昼ごはんを食べたところです。「歯」の神様「歯定神社」も祀ってあるところです。
画像
 
               柿本人麻呂の歌碑   ↓
『衾道乎 引手乃山尓 妹乎置而 山徑徃者 生跡毛無』と書いてあります。
画像

その歌碑の横の道を山手のほうに行きますと、柿畑があります。
画像
 「この道を歩いて龍王山に登ったねぇ」と井狩さん。。
画像
 西殿塚古墳と呼ばれている「継体天皇の皇后」の御陵です。
画像
この御陵の横を通り「東殿塚古墳」に向かいます。でも・・・夏草が覆っています。
「おいおい、マムシに咬まれへんかいな」「うへっ、漆の木や」
画像
 ようやく、刈り取ったところに出ます。ヤレヤレです。。
画像


東殿塚古墳に着きましたが近寄れません。陵墓に指定されている場合は
手入れもされていますが、そうでない場合はもう大昔から開墾されていて
私有地になっている場合もあります。柿の木やミカンの木などが植わって
いる場合が多く、ときには草で近寄れない場合があります。

井狩さんの感想 【後日談】

最初の”西殿塚古墳”は明治の初め宮内庁により継体天皇の妃で大和から
来た手白香皇女(仁賢天皇
の娘)の衾田陵に治定されているが、この古墳が埴輪や形態から、3世紀後半から
4世紀初めの築造と想定されているのに、手白香皇女は6世紀のの人なので、
近所の西山塚古墳(5世紀後半の築造)が真の手白香皇女の墳墓である、
蓋然性は非常に高い、というのが学界の定説のようになってます。

西殿塚古墳の被葬者については、崇神天皇とか、卑弥呼の後継者壱与(台与)の
墓などの意見もあります。

いつも行ってみて、思いますが、宮内庁に治定された古墳は正面に鳥居があり
整備されてるのに、昨日の西山塚のように果樹園や畑になってたり草ぼうぼう
だったりですね。

 井狩 修


画像

山手のほうから下ってきますと人家に出会います。萱生町地元の氏神様、
菅原神社にもお参りしてさらに下りますと、「山の辺の道」とクロスしました。
山楽会で歩いたところです。環濠集落もあります。。
画像

西山塚古墳」は池の向こうのミカン山です。狭い道ですが行ってみることにしました。
画像
 
この古墳は完全にミカン山です。古墳に葺いてある葺き石を石垣に使っているのが
見えます。
画像
 この古墳については、、、継体天皇妃手白香皇女の衾田墓は西殿塚古墳ではなく、
この古墳だという説があるそうです。

「暑いなぁぁ、熱中症になりそうや。。しっかり水分を取っとこう」
「涼しい日陰でお水を飲んで休憩したいなぁ」
でもそんな場所もありません。
「もう、11時やで、昼ごはんを食べに行こうや」
燈篭山古墳」に寄り軽四のおいてある念仏寺駐車場に急ぎました。
山手に向かいましたのでずいぶん歩いたように感じ疲れました。
「エアコンさまさまや」
「小さな車でも涼しい空気はありがたい」
とひと言、余計なことを言う人もいます。

「なに食べよか」
「特産物のソーメンを食べよう」
「素麺の山本のアンテナショップにいこか」
「大神(オオミワ)神社前の・・・山楽会で行った・・・」
「わかった、屋号は忘れたけど、、そこにいこう」
と私はハンドルを切りました。
画像

「そやそや、《森正》やった・・」
「近鉄桜井駅から漢字伝来の地やら、金屋の石仏、平等寺を通って来たなぁ」
「何を注文する?」
画像
三人は《ひやし長そうめん 1300円》一人は《冷やし素麺 900円》と
《柿の葉寿司 2個ずつ》を注文しました。私は多数派です。
画像
 
柿の葉寿司を持っています。
画像
 
冷たくて素麺が多く入っていて美味しかったです。この店は旧家を改造しています
ので雰囲気があります。エアコンはありませんが、庭先を通る涼しい風が心地
よかったです。

「次はどこに行く?」
「天理中学校に近いところに古墳があるよ」
と河村さん。
また、4人が私の車に乗り込みました。
「この車、変な音がするやろ」
「普通のとは違う大きな異音やねぇ」
「車輪のネジが緩んでいるのと違うのかな」
ちょっとシーンとしてしました。(-_-;)


「大和神社に寄るよ。戦艦大和の守り神やねんて」
と私。
画像
 参道が長く大きな神社です。山の辺の道と離れていますので、今まで寄るこ
とはありませんでした。

次は、天理本庁に近い「西乗鞍古墳」に行きました。ここは公園化されていて、
近くには次に行く「小墓古墳」や「西山古墳」があります。
甲子園出場を決めた天理高校の硬式野球部の生徒が次から次へと走っています。
練習場があるのでしょうか。
「部員は何人?」
「はいっ、57人です」
「甲子園では頑張って下さいね」
「ハイッ」
画像

この古墳は大きいです。その前に天理市水道局の浄水場があります。その傍に・・・
「小墓古墳」がありますので畦道を通って行ってみましたが・・・
画像

フェンスで近寄れません。。
「泥棒と間違えられるぞ」
「顔や風体を見てもらったら善人やと判るやろ。だいたい、こんな孔子のような人を
疑うはずはないぜ」

また、車に乗って今度は天理中学校に近い「西山古墳」に行きました。天理教関係の
人たちの駐車場に遠慮がちに車を置かせてもらいました。

このYouTubeの動画の中で私が「前方後円墳」とアナウンスしていますが間違いです
「前方後方墳」です。<(__)>

画像
 この写真は半分しか写っていません。ずいぶん大きな古墳です。珍しい
「前方後方墳」です。この古墳の裏に回って池のほうから見ましたがやはり
大きいです。

駐車場に置いてあった車に乗って次は「塚穴山古墳」です。この古墳は西山古墳の
北西にあります。フェンス越しに撮りました。少し小さい「石舞台古墳」のようです。
画像


これで今日の予定はおしまいです。まだ午後1時30分ごろでしたが少しゆっくり休憩したいです。井狩さんの車がある天理市トレイルセンターまで走ります。
画像
 このセンター内で備え付けの冷水を飲んだりパンフレットや地図をもらったりして休憩。

この辺りには気の利いた喫茶店はありません。
「太子町のいつも行くあのレストラン&ケーキ&喫茶店に行こか」
「賛成」
年をとるとなかなか屋号を思い出せません。
約1時間かかって・・・
画像
 
 
「そやそや、Centre de village という名前やった」
「覚え切れんわな、こんなハイカラな名前」
ケーキと飲み物で650円。。
「マロンケーキとアメリカンや。量が多いやろ」
画像