折しも初夏、あたりの樹々に若葉の色がみずみずしい。
この若葉でもって、和尚の盲いたお目の涙をそっと拭って
さしあげたい。
 奈良西の京五条の律宗・唐招提寺で、鑑真和尚の盲目の像を
拝して詠む。   (引用文)